演劇部


▼活動内容
 所沢高校演劇部、通称「所演」です!所演は「楽しく演技」をモットーに活動しています。演劇と聞くと「ロミオとジュリエット」を思い浮かべる人が多いかも知れませんが、その思い込みは間違いです。身近な学校生活を描いた台本もありますし、自分で台本を書いて演技することだって出来ます。自分の体で表現したい!自分の作った台本を演技してもらいたい!照明・音響の機械をオペレートしてみたい!・・・と思う人、または少しでも興味を持った人は、所演に入って自分を表現してみませんか?

▼活動実績
H.22春上演 「伝説の勇者の作り方」 作;八城悠
 4/19新入生歓迎公演
 4/25西部地区春季演劇祭
 6/12高校演劇祭inミューズ2010FINAL
H.22冬上演 「I・デンパシー」 作;伊藤レイナ
 11/19自主公演
H.23春上演 「もりのくまさん」 作;大石栞
 4/18新入生歓迎公演
 4/24西部地区春季演劇祭
H.23秋上演 「ジャージ家族」 作;岡田ゆき
 9/10,11所高祭上演
 9/17  西部地区秋季演劇大会
H.24春上演 「Dream World」 作;九国光
 4/17新入生歓迎公演
 4/29西部地区春季演劇大会
H.24秋上演 「ゴミ山のオズ」 作;後藤章太
 9/8所高祭公演
 9/28西部地区秋季演劇大会
H.25春上演 「のこりもの」 作:餌蟇(えがま)
 4/20 西部地区春季演劇祭
H.25秋上演 「いつか街で会ったなら」 作:小野峻志
 9/7.8 所高祭公演
 9/21 西部地区秋季演劇大会
H.25 第10回年末ジャンボ演劇祭 初参加
  「メリードール」 作:黒川 零
  「キャンディ仮面」 作:小野峻志
 2作品と上演

 

カウンタ

COUNTER8215

日誌

演劇部 活動記録 >> 記事詳細

2014/11/19

「優秀賞」の報告

| by 部活
たくさんの人に支えていただきながら,
中央発表会で上演できました。

報告です
優秀賞
をいただくことができました。
ありがとうございます。

稽古の場所がなく,朝練習を試みました

みんな、早起きが日課になりました
早起きは三文の得、ですね

直前までより良いものを上演するため,練習を繰り返しました。
その成果が出ていたか、心配です。
少しでも感じていただけるものはありましたか?

右の写真から想像していただければ、嬉しいです。

どの上演校も,同じ大変さを抱えていたと思います
練習場所の確保に苦労した話も聞きました

私たちがこの台本に巡り合い,観て欲しかったものに,少しは近づけたかな,と思っています。

たくさんの皆さんが,大いに笑い、
そして、
心に少しでも残ってくれたら

嬉しいです。

感想の中に「ホラーかと思った」
というご意見もありました
前半でたくさん笑っていただけましたか?

言葉に尽くせませんが,
本当にありがとうございました

次回の上演もたくさんの人に観てもらいたいです。

「人間って,いいな」
と思える芝居を,
これからも上演していきたいと思います

これからも
「とこえん」
よろしくお願いします!

**********************************

第63回中央大会審査結果

最優秀賞
 春日部女子高等学校「お葬式」亀尾佳宏 作
優秀賞一席
 秩父農工科学高等学校「D-パラダイム」コイケユタカ 作
優秀賞二席
 所沢高等学校「ぽっくりさん」亀尾佳宏 作
優良賞(上演順)
 上尾南校等学校「ボランケンにようこそ」やまもとけいぞう 作
 筑波大学附属坂戸高等学校「赤と黄色とアルパカちゃん(仮)」筑坂演劇部 作
 越谷北高等学校「のぞく・はいる・ほる」古谷泰三 作
 小川高等学校「モノクロピエロ」鎌田夏摘 作/小川高校演劇部 潤色
 入間向陽高等学校「恋待駅」成井稔 作+Koyo劇(注:Koyo劇の「劇」は四角い枠で囲みます)
 南稜高等学校「奇跡の人」ウィリアム・ギブソン 作
 川越高等学校「いてふノ精蟲」阿部哲也 作
 
創作脚本賞
 「いてふノ精蟲」阿部哲也 作
 
 ※春日部女子高等学校秩父農工科学高等学校の2校は、第50回関東高等学校演劇研究大会に推薦されました。おめでとうございます!

第50回関東高等学校演劇研究大会(長野県千曲会場)
期日:2015年(平成27年)1月31日(土)~2月1日(日)
会場:長野県千曲市更埴文化会館あんずホール

*********************************
第63回中央発表会スタッフ賞


毎年、さいたま芸術劇場のスタッフさん達が埼玉県の高校演劇中央発表会を全面的にバックアップしてくださいます。
舞台・照明・音響の仕込みから始まって、各校の立込みのアドバイスに至るまで、実に細かいところまで目を配り、出場校が無事に上演できるよう物心両面で支えてくださるのです。

そしてそのスタッフさん達が、上位入賞校以外の出場校の中から特にスタッフワークに優れていた学校を選び、審査結果とは別に表彰してくださるのがスタッフ賞です。
今年のスタッフ賞は以下の通りでした。

舞台部門:入間向陽高等学校
音響部門:筑波大学附属坂戸高等学校
照明部門:川越高等学校

手作りの賞状と豪華な副賞がついて、該当校にとって大変素敵な贈り物となりました。

11:38