6456

所沢高校フォーク部 部活動紹介


 


最終更新日 2018/06/17 new
注意:本校フォーク部は埼玉県高校軽音楽連盟に加盟する軽音楽系部活動です。


【重要:新入生の皆さんへ】
 先日開催した入部説明会の結果、20名の1年生が入部をしてくれました。
 これで今年度の入部受付は終了となります。
 
【活動目標】
 演奏者だけでなく部員全体でつくりあげるライブイベントを通して協調性・創造性に富む魅力ある人間を育む
【部員数:2018年6月】
 3年   7名
 2年 30名
 1年 20名
   計 57名
【活動日および活動時間】
 月曜から金曜 15:40~17:00 … 定時制がある関係で17時以降は練習不可
 土曜・祝祭日   9:00~13:00 … 対外活動・講習会・校内ライブイベント
【活動内容】
 ◇バンド練習 ◇大会参加 ◇校内ライブイベントの実施 ◇奉仕活動
 ◇講習会
  ・軽音楽連盟主催技術講習会参加
  ・昨年度同様、外部講師としてプロギタリストの山口和也先生、
   https://www.kazuya-yamaguchi.net/
   リットーミュージックの森山先生、
   https://twitter.com/drumoriyama
   プロベーシストの紅谷先生
   https://twitter.com/rbeniya
   にご指導いただいています。

【実績】
 ①大会
  2016年度
   ・高等学校軽音楽コンテスト 埼玉県大会西部地区予選 出場
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会西部地区予選 優秀賞受賞 
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会 県大会出場
   ・埼玉県軽音楽連盟主催 第2回ルーキーズフェス西部地区 奨励賞受賞 
  2017年度
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会西部地区予選 優秀賞受賞
    
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会 県大会出場
   ・埼玉県軽音楽連盟主催 第3回ルーキーズフェス西部地区 最優秀賞受賞
  2018年度
   第3回ガールズバンドステージコンテスト高校生大会本選出場
 ②合同ライブ
  ※開催校の視聴覚室で複数校によって行われる競演ライブ。
   近年の軽音楽系部活動の独特な文化といえます。
  2017年度 
   ・2018年2月11日 所沢高校主催合同ライブ 開催
   ・
2018年3月21日 川越南高校主催合同ライブ参加
   ・2018年
3月25日 埼玉平成高校主催合同ライブ参加
  2018年度
   ・2018年5月4日 埼玉平成高校主催合同ライブ参加
   ・2018年5月6日 東京都立葛飾総合高校合同ライブ参加
                    https://twitter.com/katsusou_keion  
   ・2018年6月10日 第2回所沢高校主催合同ライブ開催
   ・2018年6月17日 東京都立武蔵丘高校 来武祭 参加
                    https://mg-keion.blogspot.com/2018/06/57.html
  --これまでの競演校-24校--
  ・秋草学園・都立葛飾総合(東京)・川越女子・川越南・国際学院
  ・埼玉平成・正則(東京)・草加東・都立調布北(東京)・獨協埼玉
  ・豊岡・法政大学(東京)・松山・山村学園・中央大学杉並(東京)
  ・清和学園・東野・東海大高輪台(東京)・都立第一商業(東京)・東洋(東京)
  ・都立北豊島工業(東京)・県立川崎(神奈川)・都立大山(東京)・都立武蔵丘(東京)
 ③校内ライブイベント
  ・文化祭等
【 今後の予定 】
 2018年  
  6月24日 川越南高校合同ライブ参加
       参加予定校:川越南、川口青陵、豊岡、都立調布北、市立川越、清和学園、所沢 他
          参加バンド:砂、shooting star 、Hello&結   
  7月15日 山口和也氏ギター講座③
  7月22日   高等学校軽音楽コンテスト埼玉県西部地区予選参加
       参加バンド:いろはにほへと、砂
  7月    PA講習会
  7月29日 サマーコンサート(校内ライブ)
       会場:本校視聴覚室 公開対象:在校生・教職員・フォーク部保護者
  8月  1日 ガールズバンドステージコンテスト本選出場
       本校からの出場バンド:いろはにほへと
       http://girlsband.tokyo/
  8月  3日 高等学校軽音楽コンテスト埼玉県大会 
       於:市民会館おおみや 一般観覧可、入場無料
  8月  8日「ピエール中野スペシャルドラムクリニック」
       於:尚美バリオホール
  8月21日 全国高等学校軽音楽コンテスト
       於:日本工学院片柳アリーナ 
  8月25日   スニーカーエイジ関東大会予選会参加
  8月28日 埼玉平成高校合同ライブ参加
       参加バンド:Lupinus 他
  9月  8日 所高祭1日目
  9月  9日 所高祭2日目
  9月30日 埼玉県軽音楽連盟主催 技術講習会参加 於:さいたま市立浦和高校 
  11月  4日 スニーカーエイジ関東大会グランプリ大会
  11月    埼玉県高等学校軽音楽新人大会西部地区予選参加
  12月    埼玉県高等学校軽音楽新人大会決勝ライブ
 2019年
  2月    埼玉県軽音楽連盟主催 第4回ルーキーズフェス参加
     
 合同ライブ等のお誘いをいただけるようでしたら、
 本校FAX:
04-2925-4448
 へ要項をいただけるとありがたいです。
   積極的に参加をさせていただきます。


【 機材 】
 ギターアンプ:
BUGERA 333-212 INFINIUM,Fender The TWIN,Roland JC120
 ベースアンプ:ampeg , Roland cube 60XL
 ドラムセット:YAMAHA stage custom、Pearl、Roland HD3(電子ドラム)
 キーボード:Studio Logic numa compact 2 
 PA機材:YAMAHA stage pass 400他(デスクトップ型1台/ボックス型2台)
  ステージ照明:STAGE EVOLUTION EZ LIGHT4 ×2台 他
 ※他に練習用のギター・ベースは複数本あります。
【 参考 】
 全国軽音連盟    http://www.zenkoku-keion.com/
埼玉県軽音楽連盟 http://music.geocities.jp/keionsaitama/

【 問い合せ 】
 所沢高校フォーク部顧問/埼玉県高等学校軽音楽連盟常任委員 中嶋 まで
 
 ※このHPは校長他、本校管理職の決裁を受けた公式のHPです。
 

活動の記録

フォーク部 活動記録
1234
2018/06/18new

武蔵丘高校「来武祭」/山口和也氏ギター講座【フォーク部/2018年年度NO10】

| by:管理者6
6月17日(日) 東京都立武蔵丘高校 合同ライブ 「第57回来武祭」参加

合同ライブを通して100校の高校とつながるコンセプトに年間10回以上開催されているのが都立武蔵丘高校の「来武祭」です。東京だけでなく神奈川、埼玉、千葉あるいは愛知や京都など遠方からも参加をしにやってくる学校もある とても有名な合同ライブです。合同ライブといっても 特定の地域の同じような学校とのつながり を越えていくことはなかなか困難で、回数をこなせばこなすほど 新たな学校との出会いは限られていくものです。本校は92校目の参加校となりますが この数字にいたるには長い年月と多くの苦労あったであろうことが想像されます。

最寄りは西武池袋線富士見台駅
控室は神奈川の強豪 県立川崎高校さんと一緒でした

出演順~様々な大会・コンテストなどで名前を聞いたことのあるバンドも多数!

参加校は開催校の武蔵丘高校を筆頭にいわゆる強豪校の名前を多く見受ける一方、まったくの新規でも広く受け入れてくださっているのが「来武祭」の特徴ともいえます。そんなわけで今回、本校も新規校として参加をさせていただきました。

参加校:東京都立武蔵丘高校、東京都立大山高校、神奈川県立川崎高校、正則高校、国際学院高校、所沢高校

本校参加からの参加バンド
①1年生バンド:Lupinus
 デビューが来武祭!
 前の上級生バンドが弾けた演奏を見せた後、よく頑張ったと思います。
②2年生バンド:mongoloid
 なんと、自分たちのバンド名を知らなかったメンバーが…。
 バンド名はみんなで決めよう…。
③2年生バンド:Geschenk
 機材トラブルで準備が遅くなりご迷惑をおかけしました。
 自分の使用機材については しっかり学習しておきましょう…。 
④3年生バンド:いろはにほへと
 先週の自校では散々な演奏でしたが、オリジナルについては段々仕上がってきています。
 来週は川越南高校の合同ライブに参加。大会に向けて頑張っています。

恒例の集合写真
-- 雑感 --
来武祭は 運営の手際の良さ、出演バンドの技術・総合力の高さは 流石というものを感じた。
技術面に関しては東京・神奈川の学校は(もちろん埼玉の強豪校国際学院もだが)高いものを持っている。そうした同年代の高校生の姿をみて部員たちが刺激を受けたり吸収することは とても多い。埼玉の西部地区の中では触れることのできない音に触れることもできた。けれど期待していたバンドのすべてが良いステージだったわけでもない。響くものがあるかは別の部分による。そのあたりの不安定な部分はやはり高校生であり、
まったく手の届かない次元にいるわけではないと感じた。努力や工夫次第で互角に渡り合えるかもと思わせてくれた点では 上手くいかなかったであろうバンドのステージからも 得るものは多かった。

6月16日(土) プロギタリスト山口和也氏ギター講座
「来武祭」の前日、参加バンドを中心に山口先生からアドバイスをいただきました。

1年生バンド Lupinus
 今年の1年生はやたらと面白い!
 アドバイスも 演奏よりもパフォーマンス的な部分に集中。

 明るく仲良く楽しそうです。

2年生バンド Geschenk
「自転車」の歌を少しずつ満足いく形にしていっています。
 各パートのフレーズも歌詞も だいぶ練られてきたように思います。

2年生バンド mongoloid
 こちらはこちらでコカ・コーラの歌…。
 構成の謎な部分が紐解かれていき 形が整えられていきました。

 終了後は山口先生のギターソロ講座&セッション。
 ギターソロのつくり方、それに向けた練習法などをご指導いただきました。
 やはり、こうしてギターを弾くとあらためて凄さがわかります。
 …廊下を歩いている他の部活の生徒も その音で足を止めるのです。




所沢高校フォーク部顧問 中嶋

10:00
2018/06/11

所沢高校主催合同ライブTOKOFES【フォーク部/2018年年度NO09】

| by:管理者6
6月10日(日)
第2回所沢高校主催合同ライブTOKOFESを開催しました。
県内県外から6校に参加していただき、本校を含め7校での合同ライブとなりました。
参加校:所沢高校、川越南高校、埼玉平成高校、草加東高校、秋草学園高校、東海大高輪台高校、東京都立葛飾総合高校
 





参加して下さった6校の皆さん、本日はありがとうございました。
特に午前中、音響面でやりにくい環境となってしまいましたことお詫びいたします。
今後、研究と改善につとめて参りますので、また参加していただけたら幸いです。

本日のベストバンド(相互投票の結果)
ボンゴレベイビー揺れる〔東海大高輪台〕
しもんぬ〔草加東〕
One side grilled meat〔埼玉平成〕
いずれも印象に残る演奏を聴かせていただきました。
共通することは 印象に残るフレーズを持っていること、どんな環境にも対応できる力を持っていることだと感じました。

今回感じた合同ライブ自校開催について
【 自校開催のメリット 】
・他校の合同ライブにすべての部員を連れて行けるわけではなく、他校の演奏を知らない部員も多い。総じて他校に行ける部員は ある程度できる部員になり、同じようなバンド・メンバーとなりがち。自校開催では入部間もない1年生まで すべての部員が他校の演奏を聞く貴重な機会となる。
・他校開催への参加ではわからない裏方の仕事の大変さを学ぶことができる。音響や照明などは他校が演奏しやすい環境をつくるという重責を担うこととなり、意識の向上につながる。
・特殊な本校の実態を他校に知ってもらう機会となる。
【 自校開催のデメリット 】
・これまでに つながりのない学校には来ていただくことは困難。他校の開催する合同ライブへの参加の面白さは 未だ見ぬバンドに出会うこと。そうした期待感は他校開催への参加に比べれば少なくなってしまう。

所沢高校フォーク部顧問 中嶋

09:00
2018/06/07

森山サトシ氏&紅谷亮次氏バンドクリニック【フォーク部/2018年年度NO08】

| by:管理者6
6月6日(水)
一昨日に引き続きリットーミュージックの森山先生にお越しいただきました。
そして今日はさらに、プロベーシストの紅谷亮次先生もご一緒してくださいました。
今日のクリニックは「バンド」
5つのバンドが演奏をし、アドバイスをいただきました。

①Lupinus
(1年生バンド)

②大豆(2年生バンド)

③バターののったパンケーキ(2年生バンド)

④Geschenk(2年生バンド)

⑤いろはにほへと(3年生バンド)

1バンド終了ごとに改善点などのアドバイスをいただきました。

そんななかボーカリストの「逸材」も発見されました。
「自分は逸材と受け入れることが大事!」

3年生バンドは より時間を割いて指導も熱を帯びていきました。

そして、3年生は居残り補講!
オリジナル曲の構成を可視化して分析と改善策を提案していただきました。

気が付けば 時計の針は18:30。歌詞に隠された秘密も露わに…。

〔 1、2年生バンドへのアドバイス --- ダイジェスト版 --- 〕
サウンドと見た目を一致させよう! 激しい曲なら激しく!
youtubeで音量0で見た時でも、どんな音楽かわかるような演奏をしよう!
歌詞のアタマをはずさない!
・音量の調整はステージ中もできる。
・各パートBPMを意識し、揃える。
・ミスをしたときにはミスとわかるようにミスをしよう。

〔 大会を目指す3年生バンドへのアドバイス 〕
・大会では基本的なことができていたら審査員は減点法をとる。最後まで集中。
・Gtが音を変えるときは、音を変えたとわかるようにペダルを踏む。
 工夫してますよ、のアピールも大事。
・伸びしろがなくなった高校生バンドは テクニックに はしりがち。
 だが、それが本当にその曲に必要を考えよう。
・ギターソロはサビで歌っていることを覚えてもらうために、サビと同じコード進行を使っている。
・4分40秒あれば、映画一本分くらいのことを音楽は伝えることができる
すべてを語ってしまうと芸術は野暮ったくなる
・すべてを描いたらドキュメンタリー。「余白」がなくなると共感をできなくなる
・曲の瞬間瞬間に 熱い人と冷めている人がいる。静の人と動の人がいる。
 刻んでいる裏でロングトーンが伸びている。対比が大事。
・若い人が陥りがちなのは、歌詞で伝えすぎてしまうこと。
 歌詞ですべてを伝えてしまえるなら文学のほうがよい。
上手い人の「伝え方」をパクろう。
・歌詞をメンバーで共有し、個々に読解をする。

3年生に対しては曲を深く掘り下げ、メンバーに考え方や考える材料をたくさん与えていただきました。メンバーも厳しい指摘や鋭い追及も 真剣な表情で正面から受け止めて 自分たちの曲をより良いものにしようとしているように感じました。彼女たちにとっての「楽しさ」の質が本当に変わったなぁと感じる今日この頃です。
 
15:30にはじまり、補講の終了は19:00!
森山先生、紅谷先生には 長時間にわたり熱心に指導をしていただきありがたい限りです。
それに応えられるよう、頑張らせていきたいと思います。

所沢高校フォーク部顧問 中嶋
10:00
2018/06/06

GBSC本選出場決定!【フォーク部/2018年年度NO07】

| by:管理者6
第3回ガールズバンドステージコンテスト
本校より参加の3年生バンド いろはにほへと
参加70バンドの激戦をくぐり抜け、堂々予選突破です!
ちらっと他校のバンドを見てみれば…
SEED〔厚木高校〕…昨年同大会グランプリ受賞。
てふ×2〔厚木高校〕…厚木高校は神奈川屈指、すなわち全国屈指の名門校。
煩悩少女〔桜町高校〕…昨年度全国軽音楽コンテスト優勝校。
frogflow〔中央大学杉並高校〕…いわずもがな東京都の強豪校。
もんすてら〔鶴嶺高校〕…SAKURA17音楽祭等々で活躍。
居並ぶ東京、神奈川の強豪校という感じ。

だからといって臆することもない。
8月1日の本選に向けてできることをやるのみ!
応援のほど よろしくお願いいたします。

フォーク部顧問 中嶋

13:50
2018/06/05

GBSC予選/森山サトシ氏ドラムクリニック【フォーク部/2018年年度NO06】

| by:管理者6
先週までは体育祭一色だった本校ですが…6月は部活づけ!
土日フルスケジュール!怒涛の6月がはじまりました!

6月2日(土) 
女子部員たちはガールズバンドステージコンテスト予選会へ!
いろはにほへと、Geschenk、shooting star の3バンドが参加。
「写真を撮ってきてね」といったら ↓ でした。通行人のマダム風の人は部員です。
奥に見える尚美ミュージックカレッジが予選会場。
結果や如何に…。6月5日発表です。
https://twitter.com/girlsbandstage
6月3日(日)
1年生練習&合同ライブ準備。
6月9日の土曜日、翌日の合同ライブのセッティングが終了した後、1年生のためのセッション大会を予定しています。1年生の初ステージです。今年は厳しめの説明会等で新入部員を絞り込んだため、例年よりも1年生一人ひとりに時間を割くことができ、初ステージも早い段階で踏めることになりました。
日曜日に練習していた1年生は 来週の都立武蔵丘高校や月末の川越南高校の合同ライブに参加する1年生バンド。今後がとても楽しみです。

練習終了後、来週日曜の合同ライブに向けて照明のチェックを行いました。

6月4日(月)
リットーミュージック森山先生、ドラムクリニック再び!
またまたお越しいただきました。放課後の15:30から18:00まで10名以上の部員が森山先生のクリニックに参加をしました。

「指先をつかって!」ドラムを叩くには小さな動きで充分なのです。

今回はマイクだけでなくスティックを握っている写真も載せておきます。

LEVEL1からLEVEL4までの課題に挑む部員たち。
順番待ちの列はさながら病院の待合室。

最後に森山先生のドラムソロのデモ演奏!
部員たちは熱心に見て学んでいました。

終了後も大会に向けてのアドバイスなどをしていただきました。
〔 今日教わったこと 〕
・軽音楽の主役はボーカル
 他パートは舞台上のと一緒。主役をひきたてる草になろう!
・肘と肩は野蛮な関節、楽器は手首と指を使おう。
・ドラムを叩くときは脇をしめて
・スティックを握るとき、小指を遊ばせない。小指が遊ぶと振りが大きくなる。
スネアドラムは声と同じ音域。音量に気をつけよう。
リズムは首でとろう。
 首でリズムをとらないと他のところでリズムをとることになる。
・自分たちの演奏は録音して聞こう。失敗した演奏を聞きなおして修正をする。
・高校生のバンドでは、演奏の上手い下手よりも バンドとして何が大切かわかっているバンドが強い
・他のバンドよりも良いバンドは、他のバンドがやっていない練習をやっている
・学ぶの語源は 真似る。
・既存曲はプロが商業的にも成功できるように工夫をしてつくったもの。「良い曲」の要素が詰まっている。それを徹底的に真似てみることで学べることは とても多い。
・徹底的に真似をしても真似できないところがある。それが個性~マイケル・マンリング~

今回はドラム担当以外の部員も多く参加していました。
他パートが何をしているか知ることはバンドの中で必ず役に立つことなのでよい傾向だと思いました。
そして、なんと明後日は森山先生&プロベーシスト紅谷先生のバンドクリニックです。
レベルアップイベントが続きます。

フォーク部顧問 中嶋

09:00
2018/05/21

GBSC/顧問のつどい/FENDERが来る!【フォーク部/2018年度NO05】

| by:管理者6
5月20日(日)
女子部員たちは ガールズバンドステージコンテスト講習会 に参加。
これは 5月末から6月はじめに 行われるガールズ バンド ステージコンテスト予選会のための講習会です。今日の講習会は専門家から演奏についてのアドバイスをいただくことのできる貴重な機会でした。予選会を突破できると8月の決勝ライブに参加できます。昨年度のグランプリは神奈川の名門 厚木高校、準グランプリは 先日ご一緒させていただいた東京の強豪 第一商業高校。2年生にとっては3年生引退後、部の中心となっていくための果敢な挑戦。決勝のステージに向けて頑張って欲しいです。
…帰宅後はしっかりと 中間考査の勉強を…頑張りました!

上記イベントは 主催側より顧問の引率は不要とのことでしたので、
同日、顧問は 軽音楽連盟顧問総会へ行ってきました。
連盟役員なので行かないわけにいかないのですが…。
50名近い軽音楽系部活動顧問が さいたま市立浦和高校 に集まりました。
今日、昨年の顧問総会のときよりも頻繁に耳にした言葉があります。
それは 合同ライブ! この一年の間にも(本校もふくめて)実に多くの学校が開催するようになり、多くの学校が交流を持つようになったのだなぁと思いました。
われわれ所沢高校が合同ライブを実施する6月10日も県内で他に2つの学校が合同ライブを計画していました
軽音楽系部活動の振興と日程の調整のために、こうした情報を共有をできる場があるといいなと思いました。

--最近の話--
①ちょっとビックリなニュース!
各種クリニックでお世話になっているリットーミュージックの森山さんが携わっている「軽音マガジン」という小冊子があります。
軽音マガジン → http://musicschool-navi.jp/columns/feature/keion_2017_v1_top.html
少し前に その「軽音マガジン」誌上で募集されていたFENDERのデジタルギターアンプのモニター に本校が当選しました! 我が部が長い間 FENDERの機材を愛用してきたことを知っているかのような吉報。詳細は後日あらためてレポートしたいと思います。
②ついでのニュース…。
照明 買いました! 2セット! STAGE EVOLUTION EZ LIGHT4 
今度の合同ライブでお披露目になります。思いのほかデカい!?
出演してくれる他校の皆さん(もちろん本校部員も)を熱く明るく照らします!
こうして 今年度の生徒会からの予算は 大胆に使い切ったのでした。

フォーク部顧問 中嶋 

14:00
2018/05/07

埼玉平成高校/葛飾総合高校 合同ライブ【フォーク部/2018年度NO04】

| by:管理者6
5月4日(金)
埼玉平成高校合同ライブ「平成ライブ」
に参加をさせていただきました。
8校25バンド
が参加をしました。
参加校:埼玉平成高校、中央大学杉並高校、国際学院高校、川越南高校、豊岡高校、東野高校、清和学園高校、所沢高校
東京都から参加の中央大学杉並高校全国大会常連校
昨年の東京都軽音楽部門中央大会準グランプリ受賞バンドも参加をしてくれていました。
こうした学校をお呼びいただいた埼玉平成さんのご尽力に感謝します。

会場内、控室には歓迎の装飾が施されていて埼玉平成高校軽音楽部の温かさを感じました。

本校からは3バンドが参加させていただきました。
1バンド目:Geschenk 
2年生女子のバンド。
もともと3ピースのバンドでしたがベースが加わりようやく安定!?
〔 演奏曲 〕
「夏風」
オリジナル
「明日も」SHISHAMO

2バンド目:いろはにほへと 
3年生バンド。本校の2枚看板のひとつ。
オリジナル曲が だんだん完成に近づいてきました。
〔 演奏曲 〕
「MONSTER DANCE」KEYTALK
「蠢歌」オリジナル
 下記のURLよりご覧いただけます。
 https://www.youtube.com/watch?v=m5j_AiMnpew 


3バンド目:砂 
3年生バンド。いろは と並ぶ本校2枚看板のひとつ。
メンバーチェンジ後、初ステージ。夏までに馴染んでくれることを願います。
〔 演奏曲 〕
「wolf boy」オリジナル
「Force」オリジナル

おそらく、今度来る時は夏の大会地区予選。今回の経験を糧に上を目指そう!

----感想---
東京都から参加の中央大学杉並高校のバンドの力は一枚抜けていた。

様々な種類の音楽を聴いて工夫を凝らし独自の世界をつくりあげているように感じた。もしくは、東京都の強豪校の中でもまれる中で幅広い音楽に触れているのかもしれない。高い演奏技術も大事だが、どんな曲をつくれるのかは知識的な部分にも左右される。
部員たちには ぜひ幅広く音楽にふれ、吸収したものをもとに 昇華して欲しい。


5月6日(日)
都立葛飾総合高校合同ライブ「葛総ライブ」
に参加をさせていただきました。
参加校:都立葛飾総合高校、都立第一商業高校、東海大高輪台高校、東洋高校、都立北豊島工業高校、所沢高校
参加校は東京都大会常連の強豪校が多く、期待が高まります。

最寄りはJR金町なので隣りは千葉県です。なかなかの遠方。



控え室に描かれた各校を歓迎するイラストとメッセージが温かく迎えてくれました。
お隣は強豪 都立第一商業高校!

会場の視聴覚室は入り口から豪華な装飾が施されていました。

素晴らしいステージセット。スタンディングの会場。
同じ公立でも都立と県立で えらい違いです。


本校からは3バンドが参加。
1バンド目:バターののったパンケーキ 2年生バンド
〔 演奏曲 〕
「スターラブレイション」ケラケラ


合同ライブがはじめてのメンバーも多く、正直演奏は上手くいきませんでした。
けれど、よく反省をし メンバーみんなで課題を洗い出していた姿勢は 次に繋がると思います。

2バンド目:one-stroke-sketch 2年生バンド
〔 演奏曲 〕
「天体観測」BUMP OF CHICKEN
「Black」オリジナル

インタヴューではオリジナル曲の由来を語りました。
…ブラック企業の歌だったようです…。

彼らも また合同ライブは はじめてのメンバーが殆んど。
課題は多けれど、本人たちも自覚し 次こそは!とやる気になっていました。

バンド目:いろはにほへと 3年生バンド
〔 演奏曲 〕
「MONSTER DANCE」KEY TALK
「蠢歌」オリジナル 
https://www.youtube.com/watch?v=EpbLn95B444

インタヴューは曲の由来を語りました。所沢の失恋クイーンの実話でした…。

パートごとのミスはあったけれど、所沢高校の名前を覚えてもらうには充分な演奏でした。
場数を踏んで安定感が増してきました。

みんなで集合写真。

部員たちで集合写真。

東京都の高校は個性豊かなバンドが多く埼玉とは大分違いました。
中でも東海大高輪台高校のバンドは独特の雰囲気と迫力のあるステージで観るものを魅了していました。また、開催校である葛飾総合高校のバンドもカラーの違うバンドがたくさんあり印象的でした。

それでも、本校の部員たちも 埼玉の学校が一校もいない中で それぞれにやれることはやったと思います。
合同ライブとは何なのか。
単なる馴れ合いの発表会なのか。 それとも各校の看板をかけた対抗試合なのか。
後者であって欲しいと思いますし、今回のライブは後者の色が強かったと思います。
勝敗は 次にまた呼んでもらえるか、新たな学校との関係を築けるか が示してくれると思います。
そういう意味では今日はまずまずの試合ができたのではないかと思います。
朝7時に所沢に集合し、所沢に戻ってきたのは19時過ぎ、武者修行のような遠征となりましたが、メンタルの強化、課題の発見、新たな仲間たちとの出会いなど多くのものを得ることができました。

---- その他のGW -----
5月3日(木)
教室練習では上級生が1年生に優しく教えてくれていました。
心強い上級生の姿をみることができ 温かな気持ちになりました。

1年生には これが当たり前だとは思わず 自分自身でもしっかり頑張って欲しいと思います。

5月5日、埼玉平成合同ライブの翌日も 一年生の指導をしてくれていた上級生たち。

その頼もしい姿を目にする度に目頭が熱くなります。

フルスケジュールのGWとなりました。
部員たちの糧となりますように。

フォーク部顧問 中嶋

09:00
2018/05/01

山口和也氏ギター講習会【フォーク部/2018年度NO03】

| by:管理者6
4月30日(月)
昨年度お世話になったプロギタリストの山口和也先生に、今年度も引き続きご指導いただけることになりました。

山口先生の新刊。その世界では屈指の方。改めて凄い方なのです。


今回は3バンドオリジナル曲へのアドバイスをいただきました。
昨年、手探りでつくった粗すぎる原曲を山口先生に聞いていただいた2つのバンドは、あれから半年の時を経て、だいぶ成長を遂げました。そして、今回は新たに2年生バンドも加わり講習会がはじまりました。

一番手は 、曲は「FORCE」
ハードロック調の激しい曲。おおよその形はできていて昨年に比べれば だいぶ進んだ地点からのスタート。
それだけにアドバイスも細部へ。

二番手は Geschenk
これまで迷曲をつくり続けていたバンドとは思えない さわやかな青春ソング! 
繰り返される「自転車」のフレーズが頭に残る。
ただ、繰り返しが多いので…。

「アルペジオ入れてみるといいんじゃない?」
 こんな感じ、と実際に弾いてみてくださいました。

最後は いろはにほへと 、曲は「蠢歌(しゅんか)」
4月5日の記事で紹介した彼女たちの新曲。
最初にやった 砂 以上に できあがった状態の曲だったので アドバイスは必然的に細部へ。
オブリガートや 決め など ふわふわしていた部分が整っていきました。
下記のURLまたはQRコードよりご覧いただけます。
【改良前】https://www.youtube.com/watch?v=UyjlrbSicYA
【改良後】https://www.youtube.com/watch?v=LpXY3mUW5Zs




最後に見学チームの1年生の相談にも のってくださいました。
 
恒例の集合写真を撮っていただきました。

大目標である夏の大会に向けて、今日もまた一歩進むことができました。

フォーク部顧問 中嶋
09:00
2018/04/24

新入部員を迎えて【フォーク部/2018年度NO02】

| by:管理者6
4月22日(日)
二者面談期間中で教室練習ができないため、日曜日に新入部員に対して機材のセッティング等の説明会をひらきました。
ベースやギターのアンプのセッティングにはじまり、ドラムセットの組み方、PAシステムの概要、各種ケーブルの巻き方等々、新入部員にはじめてのことばかり。
はやく覚えて練習に打ち込めるようになって欲しいと思います。

ドラムのペダルもちゃんと自分で組めないといけません。

スローン(ドラム用の椅子)の高さも適切にしよう。
決して 美容室ごっこ ではありません。

この後、2年生バンドのデモ演奏を聴き、最後に 楽器購入の相談会をひらきました。
楽器については長期的な使用を考えた場合、ギター・ベースともに2万円から3万円が最低価格ラインになります。高価なものは限りなくありますが、防犯上のことも考えると高すぎるもの(10万円を超えるようなもの)も高校生にはどうかな、と思います。
本人が長く大切に使おうと思える楽器に出会えることが一番ですので、よく情報収集をして、楽器店には複数回足を運ぶなどして、慎重に購入をしてください。

4月24日(火)
昼休みに1年生と上級生の顔合わせを行いました。
自己紹介の合間に集合写真を撮影。
今後しばらくの間1年生は上級生の練習に立ち会いセッティング等を学びます。

このメンバーで今年1年間頑張っていきます。

フォーク部顧問 中嶋
19:00
2018/04/05

春休み【フォーク部/2018年度NO01】

| by:管理者6
春休み、割と毎日活動し、色々なことがありました。

引退間近の新3年生から後輩へ最後のレクチャー。
以前ご指導いただいた森山先生のアドバイスを思い返しながら、知識と技術の伝達を行いました。
後輩たちも真剣に聞いていました。何よりやる気がでたようです。




別の日は、動画による作曲研究会をひらきました。
瀧澤克成さんや宇田大志さんの動画は わかりやすくてオススメです。
今回は いきものがかり や スピッツの楽曲をアナライズ!
既存曲の構成を知ることで 曲作りのポイントが何となくわかったような…。
ディグリーで考えるという 考え方に触れただけでも収穫かな。 


夏に行われるスニーカーエイジ関東大会のエントリーがはじまりました。
来るや否や申し込んだらエントリーナンバー1になってしまいました。
…1番最初にやるのかなぁ、と不安がる部員…。
予選を突破し決勝の舞台に立てるよう頑張りたいと思います。
…今年の課題曲、なんだろうな…。



そして、新3年生は受験モードに入りながら、最後の夏の大会に向けて
新曲をつくっています。各パートまだまだ粗いですが、新しい曲調に彼女たちの成長を感じました。




現顧問の体制になって以降、積極的に対外活動についてきてくれた新3年生には最後に大きな舞台に立ち有終の美を飾って欲しいと思います。

フォーク部顧問 中嶋
21:25
1234