「優れた取組・工夫」
本校の取り組みが評価されました
平成28年度、外部有識者による第三者評価で本校の学校自己評価システムに対する取り組みが「優れた取組」と評価されました。
取組内容はこちらから閲覧できます。
 
65

所沢高校フォーク部 部活動紹介



【活動目標】
 演奏者だけでなく部員全体でつくりあげるライブイベントを通して協調性・創造性に富む魅力ある人間を育む
【活動日および活動時間】
 月曜から金曜 16:00~17:00
 土曜・祝祭日   9:00~13:00
【活動内容】
 ・バンド練習 ・各種講習会 ・大会参加  ・校内ライブイベントの実施 ・奉仕活動
【実績】
 ①大会
  2016年度
   ・高等学校軽音楽コンテスト 埼玉県大会西部地区予選 出場
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会西部地区予選 優秀賞受賞 
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会 県大会出場
   ・埼玉県軽音楽連盟主催 第2回ルーキーズフェス西部地区 奨励賞受賞 
  2017年度
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会西部地区予選 優秀賞受賞
    
   ・埼玉県高等学校軽音楽新人大会 県大会出場
 ②合同ライブ
   ・今年度も川越南高校さんにお世話になりました。
 ③校内ライブイベント
   ・文化祭等
【機材】
 ギターアンプ:Fender The TWIN ,Marshall VS,Roland JC
 ベースアンプ:ampeg,Hartke
 ドラムセット:YAMAHA、Pearl、Roland(電子ドラム)
 キーボード:KORG
 PA機材:YAMAHA(デスクトップ型1台/ボックス型2台)
【問い合せ】
 所沢高校フォーク部顧問/埼玉県高等学校軽音楽連盟常任委員 中嶋 まで
 

活動の記録

フォーク部 活動記録
12
2017/11/13

埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選〔フォーク部〕

| by:管理者6
 11月12日(日)、川越南高校を会場に行われた埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選に参加をしました。

 大会は2年生を中心としたバンドの大会で、県内を3地区に分けた地区予選、地区予選を勝ち上がったバンドによる決勝からなります。所沢高校西部地区にあたり、西部地区では参加19バンドのうち上位5バンドが12月に行われる決勝に進出できます。各校からは1バンドずつ参加ができ、オリジナル曲で参加する場合に限り、同一校から もう1バンドが参加できます。

 この地区の強豪は全国レベルの強豪校である埼玉平成高校(2バンド出場)、JAZZを主体とする変化球で攻めてくる立教新座高校(1バンド出場)、県立高校の中で西部地区を牽引する川越南高校(2バンド出場)などです。ところが、今回、地区割の関係で本来は南部地区に所属する強豪校である県立浦和高校(2バンド)、国際学院高校(2バンド)が西部地区に来ることになり、決勝進出は熾烈な争いとなりました。
 
 所沢高校から参加したのは、
 2年生男子のバンド「砂」。曲はオリジナル曲「wolf boy」
 https://www.youtube.com/watch?v=L574d0IN9ls&t=5s
 
 2年生女子のバンド「いろはにほへと」。曲はオリジナル曲「フラミンゴ」


審査の結果、「砂」が優秀賞を受賞
上位5バンドのうちの一つに選出され、決勝ライブ進出が決まりました!

12月24日に高田馬場のESP学園コンサートホールで行われる決勝ライブでは、決勝に進出できなかった西部地区の他のバンドの分まで頑張り、結果を残してきたいと思います。
応援のほど宜しくお願いします。

【 西部地区予選 決勝進出バンド 】
 県立浦和高校 SINNER`S HOLIDAY  演奏曲「HYDRA」(オリジナル)
 国際学院高校 スパークル 演奏曲「響いたこと」(オリジナル)
 鳩山高校 スリーサンタ 演奏曲「ハートクローズ・サンタクロース」(オリジナル)
 松山高校 Electriccity 演奏曲「アクア」(オリジナル)   
 所沢高校 砂 演奏曲「wolf boy」(オリジナル)


追記:備忘録として…。審査員の中で票が割れるバンドがある。何らかのバンドに強い影響を受けている出場バンドの場合、影響をあたえたバンドを審査員が知っているといないとで票が割れるように感じた。

フォーク部顧問 中嶋
17:00
2017/11/02

合同ライブ/ハロウィンコンサート/ギター講習会③〔フォーク部〕

| by:管理者6
フルスケジュールの3連休となりました。

①11月3日(金)川越南高校主催合同ライブに参加!

 いつもいつもお世話になっている川越南高校さんにまたまたお邪魔してきました。
今回の参加校は開催校の川越南高校、秋草学園高校、所沢高校
16バンドが日ごろの練習の成果を披露しました。
と同時に来週11/12(日)に控えている埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選の前哨戦的な意味もありました。

所沢高校からは3バンドが参加。
バンド1:みそぽてと】
前回、合同ライブで最優秀賞をいただいたペア。
今回も心に響くバラードを歌い上げました。

【バンド2:砂】
来週挑む新人戦用のオリジナル曲を披露。
粗削りながらもパワフルな演奏ができました。
来週までにどこまでアレンジを頑張れるかが見ものです。

【バンド3:satisfaction】
期待の1年生バンド。
以前にも合同ライブに参加させていただいたバンドですがVoが交代。
ところが、このVoが聴衆を魅了しました。

相互投票の結果、
最優秀賞:みそぽてと(所沢)
優秀賞:砂(所沢)
優秀賞:Satisfaction(所沢)

となり、全ての賞を所沢高校がいただくことになってしまいました。
今後の活動へ活かしていきたいと思います。
  
最後に恒例の集合写真。
川越南高校さん、秋草学園高校さん、本日はありがとうございました。
来週の埼玉県高校軽音楽新人戦西部地区予選、決勝への切符をかけて互いに頑張りましょう。

②11月4日(土)2017年 ハロウィンコンサート 開催! 於:新所沢TheRock 

 かつては講堂で行われていたイベントですが、講堂の解体に伴い会場を校外に移して実施しました。多くの在校生に見てもらいたいということからいえば、本当は土曜授業の午後などに校内で実施できればいいのですが…。
 全10バンドが出演。観に来てくださった方々、ありがとうございました。
 

それにしても、最近のライブハウスは健全。
匂いや空気の透明度が昔とはまるで違う。

③11月5日(日)第3回プロギタリスト山口和也氏によるギター講習会実施!
おなじみのプロギタリスト山口和也先生3たび来校!
※山口先生HP:https://www.kazuya-yamaguchi.net/
来週の新人戦に向け、前回の講習後に大会出場バンドが作ってきた曲に対し様々なアイディアやアドバイスを下さいました。

まずは2年生の男子バンド「砂」。ハードロック調のオリジナル曲「wolfboy」を披露しました。
メロディーラインの確認やステージ上でのパフォーマンスについてアドバイスをいただきました。
恥ずかしいことも恥ずかしがらずにやればカッコよいのだ!
 
2バンド目は2年生のガールズバンド「いろはにほへと」
型破りでパンキッシュなオリジナル曲「フラミンゴ」を披露。
コードに対応していなかったメロディーラインの微調整や音量の調整などのアドバイスをいただきました。
  
壊滅的な部分でも、部員を褒めながら陽気にアドバイスをして下さるので、みんな楽しく頑張ることができました。
  
音作りの仕方もレクチャーしていただきました。
何度もステージに立ち使っているアンプでも基本的なことをわかっていなかったことがわかりました。
  

11/12(日)に行われる埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選は下記の19バンドが参加。上位5バンドが12月に行われる埼玉県高校軽音楽新人大会決勝の舞台に進むことができます。私学の強豪校や地区割の関係で西部地区にやってくる南部の強豪校の壁は厚そうですが、所沢高校にしかできない演奏とパフォーマンスで上位に食い込みたいと思います。

以上、フルスケジュールの三連休でした。

部顧問 中嶋
20:20
2017/10/09

第2回プロギタリストによる講習会〔フォーク部〕

| by:管理者6
10月9日(月)、プロギタリストの山口和也先生に再度お越しいただきました。
前回の内容を踏まえ、今回はバンドの形で 実際に山口先生と一緒に曲を作ってみることになりました。

まずはAメロの リズムを決める→コード進行を決める→メロディーをのせる。
次に サビのリズムとコード進行を決める→メロディーをのせる。
それからAメロとサビを繋ぐBメロをつくる。
山口先生から出る各パートへの的確な指示のもと、わずかな時間で曲が形になっていきます。

さりげなく入るフィルがやっぱりプロ。
合間合間に思うようなフレーズをいれていけるようになるのは練習あるのみ。
  
 
2時間半の講習で、コードから作った曲、スケールからつくった曲と、タイプの違う曲が2曲できました。
それぞれのバンドでのオリジナルの作曲に充分な足掛かりになりました。

恒例の集合写真。

講習が終わった後も 個別に色々なことを教えてくださったり、遊んでくださったり、気さくで陽気な山口先生でした。

部員の使っている機材を調整してくださいました。調整前と後ではあきらかに音が良くなりました。実際に自分が使っているもので、こうすると良くなる、とプロの方に教えてもらう機会なんてめったにない。部員一同、ただただ感謝感激。
  
山口先生の一眼レフで謎すぎる撮影会も行われました。雑誌の表紙のような本格的な写真が…。
 
山口先生、本日も楽しい時間を ありがとうございました。
またのご来校を部員一同 心よりお待ちしております。

部顧問 中嶋
16:58
2017/10/04

1年生ライブを行いました。〔フォーク部〕

| by:管理者6
10月3日(火)、4日(水)。
2-6教室にて1年生ライブを行いました。入部後、約半年、1年生もついにデビューです。
演奏はまだまだ発展途上。けれど、計画や運営全般、1年生全体で協力しよくやったと思います。こうした活動を通し部員が成長してくれることを願います。
2号館4Fまで足を運んでくださった在校生、多くの先生方、ありがとうございました。
 
部顧問 中嶋
17:52
2017/09/24

SPYAIRのKENTAさんにドラムを習った の巻〔フォーク部〕

| by:管理者6
9月24日(日) 国際学院高校で行われた軽音楽連盟主催 技術講習会に参加しました。
埼玉県内から約200名の軽音楽系部活動に所属する部員が集まってプロミュージシャンや音楽学校講師、楽器メーカーの方等々からレクチャーを受けました。
午前中はバンドクリニックが行われ、リズムを共有することの大切さや、基礎理論についてお話をしていただきました。
確かに フレーズやコードを追うことにいっぱいいっぱいでメンバーがリズムをしっかりと共有している高校生バンドは少なく、とても参考になるお話でした。

午後はボーカル・ギター・ベース・ドラム・キーボード・アンプ・PA等のパート別講習が行われました。

今回のパート別講習で最大の注目は日本武道館などでもライブを行っている人気バンドSPYAIRのドラムKENTAさんがドラム講座の講師を引き受けてくださったことでした。
印象的だったのは、
「バンドの中でのドラムの立ち位置は歌とアンサンブルを引き立てること。
歌とアンサンブルがリスナーによく聴こえるための叩き方をしないといけない」
との言葉。その例としての8ビートのダメな例と良い例の実演も 同じパターンなのに こんなにも違うのかと驚かされました。
演奏技術は勿論のこと、ドラマーの心得に関する話はとても深く、参加した生徒も「感動的だった」と感想を述べていました。
 
第一線で活躍しているミュージシャンでありながら真摯に若い高校生に向き合い、それでいて気さくに接するKENTAさんの姿は本当に素晴らしいの一言でした。現代の高校生は本当にうらやましい…。
 
 
  

  
各パート別講習は皆、得るものが多かったようで、生徒たちも非常に満足していました。
アンプ講習ではPearl楽器さんのご厚意で 新品未開封の高価なアンプを一人一台 試奏用に提供していただきました。エフェクターやワイヤレスシステムなども自由に試させていただき、貴重な経験となりました。
今後の演奏に活かしてもらえればと思います。

最後は課題曲「タイムマシンにお願い」のセッション大会。
本校の部員たちも参加させていただき他校の部員さんと一緒に演奏ができました。
トータル40分近くの「タイムマシンにお願い」は脳裏にこびりついたらしく、参加した生徒たちは帰り道でも口ずさんでいました。
それはさておき、こうした機会から色々な学校の方と交流が深まるといいですね。
 
講師の先生方、各校顧問の先生方、会場を提供してくださった国際学院高校の皆さま、本日はありがとうございました。

顧問 中嶋
18:16
2017/09/12

プロギタリストによるギター講習会実施〔フォーク部〕

| by:管理者6
今日はプロギタリストの山口和也先生にお越しいただき作曲を中心としたギター講座を行いました。
山口先生は以下のようなギター教則本を多く執筆されています。
  
講習では 部員たちのレベルを探りながら、基礎から丁寧に指導をしていただきました。
豊富な知識や卓越したテクニックはもちろん、短時間で曲ができてしまうことに部員たちは驚いていました。
また、大切なギターや機材を気さくに部員たちに触れさせて下さいました。「良いもの」を知っておく貴重な機会であり非常にありがたいことでした。
先生の旅の話や部員たちの将来の話など雑談も楽しかったです。

〔 今日教わったこと 〕
・作曲において特に意識すべきはリズム
・基本となるダイアトニックコードやコードの仕組みを覚えておこう
・得意なことは後にしよう ex.作詞が得意ならば先にリズムやコード進行を考えよう。
・音を揃える練習だけでなく、強弱を付けてフレーズを弾く練習をしよう
・なんとなく練習するのではなく、目的を意識をしながら練習をしよう
   
ご指導いただいた山口先生ありがとうございました。
またのご訪問を部員一同お待ちしております。

フォーク部顧問 中嶋   
16:28
2017/08/21

ドラムクリニックやりました。

| by:管理者6
今日はドラムマガジンで有名なリットーミュージックの森山先生にお越しいただき ドラムクリニックをお願いしました。1,2年生合せて7名が参加しました。
  
開始早々、ドラムの基本的なセッティングから間違いを発見。
バスドラムの角度、ペダルの組み方が間違っていました。
正しいセッティングにしてもらうと見違えるように楽に叩けるようになりました。
 
本編は8ビート講座。
普段意識していない音量のバランスやフォームなどからアドバイスを頂きました。
音量については
バスドラム:10 スネア:6 ハイハット:1
音の高いものは小さく、低いものは大きく叩くと良いバランスになります。
なぜそうなのか理由をていねいに説明していただき、部員も納得、熱心に自分の叩き方を見直していました。
 
今日教わったこと
・バンドの主役はボーカル。ドラムの音がそれを邪魔してはいけない。
・ドラマーは何があっても演奏を途中で止めてはいけない。
・手数が多いなら音は小さくて大丈夫。早いフレーズならスティックは小さく振る。
・シンバルは弱めに叩くことでサスティーンがのる。サビ前にはその余韻が効果的。
・ペダルを踏むときのつま先の位置は先端より手前(メーカーのロゴのあたり)。
・できないことに5分間挑戦してみる。それが練習になる。
等々、参考になることが盛りだくさんでした。

2時間のクリニックでしたが非常に内容が濃く、成長させていただくことができたと思います。
森山先生、本日はありがとうございました。
またのご指導を部員一同楽しみにお待ちしています。

部顧問 中嶋 
16:46
2017/06/13

初めまして!

| by:フォーク部
初めまして、所沢高校フォーク部の部長です。このたび、生徒からこの活動日誌を更新できるようになりました。大会や合同ライブの結果などを投稿していきたいと思います。
よろしくお願いします!
08:10
2017/06/11

川越南高校主催 合同ライブに参加しました。

| by:管理者6
2017年6月11日、川越南高校ギター部主催の合同ライブに参加しました。
※合同ライブ…運動部でいうところの練習試合のようなもの
参加校は川越南高校、秋草学園高校、山村学園高校、川越女子高校、所沢高校の5校。
出演バンドは各校1から3バンド、計12バンドが演奏を披露しました。
以前お邪魔させていただいた時よりも参加校が増え、一層の刺激になりました。

【所沢高校参加バンド① みそぽてと】
クリスマスライブの時にも川越南さんにお邪魔しました。
あれから半年、修行を終え、名前を新たに、一回り大きくなって帰ってきました。

【所沢高校参加バンド② SATISFACTION】
4月に入学したばかりの1年生バンド!
なんとギターの生徒以外は高校生になってから楽器をはじめたという。
しっかりした演奏を披露し会場の上級生をどよめかせました。

【所沢高校参加バンド③ フライハイト】
参加申し込み直前にVoが交代!
トラブルを乗り越え2年生の意地をみせました。

【参加にあたって】
参加にあたっては、例によって、会場校のドレスコードに合わせていきました。

そしてそして、参加各校の相互投票の結果、本日の最優秀バンドに所沢高校の「みそぽてと」が選ばれました。
これを励みに夏の大会に向けた練習を頑張りたいと思います。

川越南高校さん、参加各校のみなさん、本日はありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
11:00
2017/02/12

第2回埼玉県高校軽音楽ルーキーズフェスに参加しました。

| by:管理者6
2月12日 川越南高校を会場に行われた 第2回埼玉県高校軽音楽ルーキーズフェスに参加しました。今回の大会は全県では43校78バンドが参加、その内 西部地区の11校16バンドが川越南高校会場に出場しました。
  
 
結果、奨励賞(第3位相当)を受賞することができました。
夏の大会に向けて励みにしたいと思います。
06:46
12